NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と,同社の子会社であるNTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は,NTTPCが手がけるインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)サービス「InfoSphere」の中の個人向けサービスを,NTT ComのISPサービス「OCN」に2003年春にも統合することで合意した。今回の統合によりNTT Comは,両社のISP事業のコスト削減とOCNの会員数の拡大を図る。一方NTTPCは,InfoSphereを企業向けのISPサービスに衣替えさせる。

 ISPサービスの統合に当たってNTT Comは,InfoSphereの個人向けサービスの営業権を,NTTPCから7億3000万円で2002年10月1日に取得する。2003年春にOCNと統合するまでは,OCNのサポート体制やセンター設備を使って,InfoSphereの個人向けサービスを提供する。2002年6月末時点でOCNの会員数は320万件で,InfoSphereの個人向けサービスの会員数は11万件という。このため,統合後の会員数の合計は331万人になる(8月1日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ