関西と中部,東海,首都圏のCATV事業者やCATV向け番組配信事業者など9社1団体は2002年8月27日,IP電話の事業化について共同で検討するために,「広域ケーブルフォン検討会」をこのほど設立したと発表した。参加するCATV関連事業者は84社におよび,各社が連携してIP電話サービスを広域展開することで,スケールメリットを出すことを狙う。CATV網の接続方法などのほか,機器の共同調達やサービス仕様の統一など,様々な面で検討を進める。検討会では,2003年春をメドに各社がIP電話の商用サービスを提供できるように調整を急ぐ方針である。

 検討会には,関西地区のCATV事業者など20社が組織する「関西IP電話研究会」のほか,「ZTV」(三重県津市),「シーテック」(名古屋市瑞穂区),「スターキャット・ケーブルネットワーク」(名古屋市中区),「中部ケーブルネットワーク」(名古屋市瑞穂区),「東海デジタルネットワークセンター」(愛知県豊田市),「TOKAI」(静岡県静岡市)グループ,「イッツ・コミュニケーションズ」(横浜市青葉区),「ジャパンケーブルネット」(東京都中央区),「日本デジタル配信」(東京都渋谷区)--などが参加した(8月27日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ