NECは2002年10月22日,自社のインターネット接続サービス「BIGLOBE」において「050」で始まる11けたの専用番号を使うIP電話サービスを,2003年2月1日に開始すると発表した。専用番号を使うIP電話サービス「FUSION IP-Phone」を同時期に開始するフュージョン・コミュニケーションズと提携し,同社のサービスを「FUSION IP-Phone for BIGLOBE」という名称で,BIGLOBEのADSL(非対称ディジタル加入者線)向けメニュー「使いほーだいADSLeコース」の会員に提供する。

 サービス開始当初は,FUSION IP-Phoneの利用者同士の発着信と,NTT東西地域会社の加入電話への発信を可能にする。加入電話からの着信が可能になるのは2003年夏以降になる見通しだ。利用するには,1番号当たり500円(予定,初回申し込み時は1番号に限り無料)の番号発行手数料が必要となる。月額利用料は380円(予定)の基本料と通話料の組み合わせになる。通話料は加入電話に発信する場合が全国一律の3分間8円で,利用者同士の通話は無料にする予定である。またNECは2002年12月2日~2003年1月31日に,1万人のモニターを対象とした試験サービスを行う計画である(10月22日発表)。