日本テレコムは2002年11月11日,国際通信関連事業の強化策を発表した。まず日本テレコムの法人事業本部と,ネットワーク・インテグレーション事業を手がける同社の全額出資会社「日本テレコムネットワーク情報サービス」(JTNIS)の国際関連事業を,日本テレコムの国際・ホールセール事業本部に同日付で統合する。グループ内の複数の部署が手がけている国際通信関連の企業向け営業を集約することによって,営業体制を合理化する。

 さらに日本テレコムは,企業向けの国際通信サービスを提供する米equantと提携し,同社の国際IP-VPNサービスと国際フレームリレー・サービスを,11月11日から再販することを決めた。世界最大規模の国際通信ネットワークを持つequantの国際通信サービスを自社のサービス・メニューに加えることによって,日本テレコムは商品力の強化を狙う。

日経ニューメディアのホームページへ