NTT東西地域会社は2002年11月19日,固定電話機を使ったインターネット接続サービス「Lモード」において,通信状態のまま地図などをダウンロードして印刷できる「コンテンツ印刷」など3種類の新機能を,11月20日から提供すると発表した。追加する機能はコンテンツ印刷機能のほか,(1)ユーザーがセンター(Lモードゲートウェイ)に事前に登録した名前や住所などの個人情報を,懸賞応募や商品注文などの際にその都度入力せずに送信できる「エージェント機能」,(2)コンテンツ提供者のサーバーとLモード対応通信機器間の通信を暗号化する「暗号化通信機能」である。暗号化通信機能を利用すると,例えばオンライン・バンキングなどを利用する際に口座番号やパスワードなどの情報漏えいを防ぐことが可能になる。東西NTTはこれら3種類の機能を,Lモードのユーザーに無料で提供する。ただしLモードのユーザーがコンテンツ印刷機能と暗号化通信機能を利用する場合は,それぞれの機能に対応したLモード対応通信機器が必要となる(11月19日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ