マイクロソフトは2003年1月14日,家庭用の無線LAN端末「Windows Powered Smart Display」の製品構想を発表した。米MicrosoftのOS「Windows XP Professional」を搭載したパソコンに無線LAN経由で接続する端末であり,パソコンをゲートウエイとして利用してインターネットにつなぐ仕組みである。Webサイトを閲覧したり,電子メールをやり取りできる。Smart Displayに対応した製品は,NECカスタマックスと富士通が2003年2月に発売する計画だ。

 両社の製品は薄型ディスプレイの形をした携帯型端末であり,付属のタッチペンでディスプレイに触れることで操作する。価格はNECカスタマックスの製品が9万9800円,富士通は未定である。マイクロソフトは今後,HDTV(ハイビジョン)対応のテレビ受像機やプロジェクターなどの分野でも,Smart Displayに対応した製品を投入する考えである(1月14日発表)。