NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2003年2月26日,個人ユーザーを対象にしたサービスの新コンセプト「CoDen(個電)」を作成したと発表した。インターネットや電子メールなどのネットワーク・サービスを,個人ユーザーがより便利に使えることを目指すものである。新コンセプトに基づくサービスの第一弾として,三つのメニューの提供を3月1日に開始する。(1)パソコンや携帯電話を使ってインターネットに接続して日記や写真の保管,スケジュール管理などが行える「cocoa」,(2)同社のインターネット接続サービス「OCN」のユーザーが対象で,cocoaにウイルスチェック機能と1個のメールアドレスを追加した「WIDEプラン」,(3)同社の公衆エリアでの無線LANサービス「ホットスポット」とcocoaをセットにした「OPENプラン」である。利用料はcocoaが月額300円,WIDEプランが同650円,OPENプランが同1600円となる。WIDEプランとOPENプランはいずれも,個別に利用するよりも月額利用料が300円安くなる。

 さらにNTT Comは,携帯電話からインターネット経由で自宅のパソコンに接続して室内の状況確認や家電の遠隔操作を行える「ユビキタスソリューションサービス」を,2003年3月下旬に開始する予定である。サービス開始に合わせて,パソコンに接続して使う専用装置「OCN.BEE」の販売を開始する。専用装置に内蔵されたカメラを使って室内の状況を確認することができ,内蔵された赤外線リモコンによって家電の遠隔操作が可能になる(2月26日発表)。

日経ニューメディアのホームページへ