無線タグと連携した通信システムの技術開発などを手がける「T-Engineフォーラム」(会長:坂村建教授)は2003年3月11日,第3世代移動通信(IMT-2000)サービス用の携帯電話機に内蔵する無線タグとの通信機能の仕様を作成するために,新しいワーキング・グループ「Wireless T-Engine WG」を同日に設立したと発表した。IMT-2000電話機内蔵の無線タグとの通信機能に関するハードウエア仕様「Wireless T-Engine」とソフトウエア仕様「T-Wireless」を,2003年中に完成させることを目指す。ワーキング・グループの幹事はNTTドコモが担当し,ほかの通信事業者や通信機器メーカー,ソフトウエア開発ベンダーなどが参加している(3月11日発表)。