NTT東日本は2003年6月23日,集合住宅を対象に提供しているFTTH(Fiber To The Home)サービスの月額利用料を,7月1日に引き下げると発表した。対象となるのは,16件以上のユーザーが一括で申し込む場合のメニュー「Bフレッツ マンションタイプ プラン2」で,3000円から2850円に下げる。また,NTT東日本から借りたVDSL(超高速ディジタル加入者線)装置を棟内伝送に使用する場合の月額レンタル料を900円から500円に,PNA(Phoneline Networking Alliance)装置を使用する場合の月額レンタル料を700円から450円に下げる。これらの新レンタル料は,8件以上のユーザーの利用が見込まれる場合のメニュー「同 マンションタイプ プラン1」にも適用する。プラン1とプラン2のいずれも,このほかにインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)に支払うインターネット接続料が必要である。

日経ニューメディアのホームページへ