松下電工とインターネット総合研究所など8社は2003年6月30日,ビルや工場,家庭などに設置した電気設備や各種センサーを「IPv6」技術を使ってネットワーク化することを目指す「IPv6 センサネットワーキングコンソーシアム」を,7月に設立すると発表した。発起人となった8社は,松下電工とインターネット総研のほかにNEC,NTTコミュニケーションズ(NTT Com),日建設計,日立製作所,富士通,松下電器産業である。空調や照明といった電気設備などをIPv6でネットワーク化して協調制御を可能にすれば,消費電力の削減などが可能になるという。コンソーシアムでは,こうした協調制御を可能にするためのシステムの仕様などについて検討する。8社は,7月中にほかのIT関連企業や建設業界などからの参加を募り,8月から具体的な活動を開始する予定である(6月30日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ