松下電器産業は2003年7月16日,ネットワーク家電システム「くらしネット」に対応した製品を9月1日に発売すると発表した。(1)エアコンや洗濯機,冷蔵庫などのネットワーク家電製品群,(2)窓やドアの開閉を探知するセンサーなどネットワークに対応した保安用端末群,(3)これらを集中制御する専用端末「くらしステーション」--からなる。

 例えば,集中制御用端末を使って冷蔵庫の開放状態を感知するなど,各種家電を制御・監視できる。また,集中制御用端末をインターネットに接続すれば,外出先から携帯電話機を使ってエアコンを操作したり,保安用のセンサーが異常を感知した際に携帯電話機に通知することなどが可能になる。対応製品の価格は集中制御用端末が8万6000円,エアコンが27万~39万円,冷蔵庫が29万5000円,窓やドアの開閉センサーが1万2000~1万3000円などである(7月16日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ