総務省は2003年7月25日に,移動体衛星放送サービスの事業化を計画している「モバイル放送」(本社:東京都中央区,社長:溝口哲也氏)に対して放送衛星局の予備免許を交付する。これを受けてモバイル放送は2003年11月から試験放送を実施し,2004年春に本放送を始める予定である。本放送では簡易動画放送を9チャンネル,ラジオ放送を55チャンネル,データ放送を2チャンネル提供する計画だ。これらの番組を視聴するには2000円の加入金のほか,月額数百円の基本料が必要になる。さらに複数の番組パックを,月額一定の視聴料で提供する見込みである。■

日経ニューメディアのホームページへ