ソニーとNTTドコモは2003年10月27日,ソニーが開発した非接触型ICカード技術「FeliCa」を携帯電話機に搭載するための技術開発とライセンス事業を手がける新会社「フェリカネットワークス」を,2004年1月に共同で設立すると発表した。新会社ではさらに,FeliCaを搭載した携帯電話機を利用して鉄道定期券などの各種アプリケーションサービスを提供したい事業者を対象に,サーバー貸しなどのプラットフォーム事業も展開する予定である。新会社の資本金は約60億円で,ソニーが60%,NTTドコモが40%を出資する。社長にはソニーグループから河内聡一氏が就任する予定で,社員数は約90人となる見通しである(10月27日発表)。

日経ニューメディアのホームページへ