全国の先陣を切って,関東・中京・近畿の三大広域圏の放送事業者が2003年12月1日にディジタル地上波放送を始める。ディジタル化のけん引役となる三大広域圏の放送事業者は,開始直前まで準備作業を続けていた。しかし一部の民放事業者は,十分な提供体制を整えることができないままスタートを切ることになった。

 不十分な提供体制で12月1日を迎えたのは,日本テレビ放送網とテレビ朝日,テレビ東京の民放キー局3社である。3社は当初,「ピュアハイビジョン」による放送が基本的にできない。ピュアハイビジョンとは,撮影段階からHDTV(ハイビジョン)用機器で番組を制作することである。特番など一部の番組を除く大半は,SDTV(標準画質テレビ)用機器で制作した番組をハイビジョンにアップコンバートしてしのがざるを得ない状況だ(詳細は日経ニューメディア2003年12月1日号に掲載)。

日経ニューメディアのホームページへ