DDIポケットは2003年12月3日,自社が提供するPHSサービスから,KDDIや日本テレコムが提供するIP電話サービスへの発信を可能にすると発表した。これによりDDIポケットのPHSサービスのユーザーは,KDDIと日本テレコムが提供するIP電話サービスにおいて「050」ではじまる専用番号を使うユーザーに対して発信できるようになる。KDDIのIP電話サービスへの発信は12月4日から,日本テレコムのIP電話サービスへの発信は12月5日から可能になる。

 IP電話への発信料金は,電話中心の料金プランを使うユーザーは1分間10円から,定額制料金プランを使うユーザーは70秒間10円からである。PHSから加入電話への発信料金とほぼ同額である。以前から可能だったIP電話からPHSへの発信料金は,90秒間で約20円である。DDIポケットは,KDDIなど今回の2社以外の通信事業者が提供するIP電話サービスへの発信も順次可能にする予定である(12月3日発表)。