ADSL(非対称ディジタル加入者線)サービス事業者の「イー・アクセス」は2003年12月4日,第3世代移動通信システムの規格の一つである「TD-CDMA」(時分割復信分割多元接続)方式によるデータ通信の実証実験行うために,総務省に対して実験局免許を12月3日に申請したと発表した。首都圏の数カ所に基地局を設置して,2004年1月にも実験を開始する計画である。実験期間は約1年間を予定している。イー・アクセスは実証実験の結果を踏まえて,定額制のデータ通信サービスを早期に実現したい考えである。

 イー・アクセスは2003年11月に「新規事業企画本部」を設置し,ADSL以外のブロードバンド事業の立ち上げを検討してきた。今回の実験は,こうした戦略の一環である。今回の実験で同社は,米IP Wirelessが開発したTD-CDMA用基地局と移動通信端末を採用する。IP Wirelessによると,最大伝送速度が16Mb/sのデータ通信が可能だという。実験では,電波特性やスループットの評価を行い,自社のADSLサービスと連携させた移動通信サービスを開発するもようである(12月4日発表)。■