トランスコスモスと米Microsoftは2003年12月19日,ポータルサイトやISP(インターネット・サービス・プロバイダ)などに有料ブロードバンド(高速大容量)コンテンツを配給する新会社「CODE」(コード,本社:東京都渋谷区,社長:三宅明氏)を,11月に合弁で設立したと発表した。資本金は2億2450万円で,トランスコスモスが90%,Microsoftが10%を出資した。

 新会社は,Microsoftのディジタルプラットフォーム「Windows Media」などをベースにトランスコスモスが開発した有料コンテンツ配信システムを使って事業を展開し,Microsoftから技術やマーケティング面で支援を受ける。具体的には,(1)ライブ中継やオン・デマンド配信用コンテンツの企画・制作,著作権保護処理,配信作業などを一括して行う「有料ブロードバンドコンテンツ配給」,(2)映画やニュースなど国内外のコンテンツを収集してISPなどに販売する「有料ブロードバンドコンテンツの販売」,(3)視聴履歴の分析やマーケティングの企画・立案,プロモーションなどを行う「ブロードバンドコンテンツビジネスに関するマーケティング支援」の三つの事業を手がける(12月19日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ