ソニーマーケティングは2004年1月19日,持ち運び可能なインターネット接続機能付き液晶テレビ「エアボード」の新製品「LF-X1」を,3月12日に発売すると発表した。価格はオープンで,実売価格は14万8000円前後になるとしている。新製品は12.1型の液晶モニターと,アナログ地上波放送チューナーを内蔵する本体(ベースステーション)で構成する。本体と液晶モニターを無線LANで接続し,本体から液晶モニターに映像を送信することで,家の中のどこにいてもテレビ放送やインターネットの閲覧などを楽しめる。無線LAN通信方式は5GHz帯の「IEEE802.11a」,2.4GHz帯の「同802.11b」「同802.11g」の3方式に対応させた。

 さらに今回の新製品には,自宅で受信しているテレビ放送やDVDなどのコンテンツを,インターネットを介して外出先で楽しめる新機能「NetAV」を搭載した。液晶モニターを外出先でインターネットに接続すれば,自宅に置いた本体経由でテレビ放送を視聴したり,本体に接続したDVDプレイヤーの映像を見たりできる。液晶モニターには,この新機能を使うためのイーサネット端子が一つ搭載されている。新機能を使って液晶モニターと本体を接続する際は機器固有のIDで1対1の認証を行う仕組みを採用し,セキュリティーに配慮した(1月19日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ