NTT東日本の子会社のぷららネットワークスとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2004年7月29日,両社が提供しているテレビ受像機向けのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスでそれぞれ8月と9月に,NHKの番組の試験提供を開始すると発表した。NHKが過去に放送した約200タイトルの番組を提供する。各タイトルの1話当たりの視聴料は100~300円程度を予定している。試験期間は数カ月の予定で,事業性を見極めてから本サービスに移行したい考えだ。

 ぷららとNTT Comが今回の番組をNHKから調達するに当たっては,NTTグループでブロードバンド(高速大容量)関連の事業を手がけるNTTレゾナントがNHKとの契約窓口になった。ぷららとNTT Comは今後も,日本国内のコンテンツ提供事業者から番組や映画などを調達する場合はNTTレゾナントを窓口にするという。