電子情報技術産業協会(JEITA)の「モバイル・ホームシステム協議会」は2004年8月24日,通信事業者ごとに仕様が異なる無線LANサービスの相互運用基盤技術を開発したと発表した。協議会の主要参加企業であるNECと富士通,日立製作所の3社が共同開発したもので,(1)無線LANサービスごとに異なる接続用の端末設定を自動的に行える「シームレス認証技術」,(2)無線LANサービスの接続状況などに応じて利用可能な動画コンテンツなどを制御する「プラグ&サービス技術」,(3)ユーザーが異なる無線LANエリアをまたいで移動してもアプリケーションを途切れず利用できるようにする「シームレスハンドオーバー技術」--の3種類の基盤技術を開発した。

 これらの技術を無線LAN対応端末や無線LAN事業者の認証サーバーなどに導入すれば,ユーザーが提供事業者の違いを意識せずに,簡単に無線LANサービスを利用できるようになるという。協議会はこれらの技術を使った無線LANサービスの実証実験を2005年1月から実施する。その後NECなど3社が,これらの技術を自社の無線LAN対応端末などに順次搭載する予定という(8月24日発表)。