PR

 ボーダフォンは2005年4月20日,3種類の新料金メニューを6月から順序導入すると発表した。「メール定額」と「デュアルパケット定額」,「家族通話定額」三つのメニューで,メール定額とデュアルパケット定額は6月1日から,家族通話定額は11月1日から開始する。

 メール定額は,月額840円を支払うことでメール(送受信)が無制限に利用できる。またデュアルパケット定額は,パケット通信量に応じて月額料金が変わる2段階の定額制メニューになる。月額1050円で2万パケットまで利用でき,それ以上利用する場合は従量制料金が加算される。そのうえで7万8000パケット以上利用した場合は,一律で月額4095円の上限料金が適用されるものである。これらの二つのメニューは,ボーダフォンの第3世代(3G)携帯電話サービスの利用者が対象となる。

 一方,家族間通話定額はボーダフォンのすべての携帯電話ユーザーが利用できる。「家族割引」サービスの加入者を対象としたメニューになる。1回線ごとに月額315円を支払えば,対象となるボーダフォンの携帯電話ユーザー同士の通話が無料になる。移動電話機による定額制の音声通話サービスは,PHSではウィルコムが5月から開始する予定だが,携帯電話では初となる(4月20日発表)。