PR

 セイコーエプソンは2005年6月7日,液晶プロジェクションテレビ「LIVINGSTATION」(リビングステーション)シリーズに2機種を加え,同日からエプソンダイレクトを通じて販売を開始したと発表した。新たに発売したのは,47型の「ELS-47S1」と57型の「ELS-57S1」である。いずれも,インターレース(飛び越し走査方式)の映像をプログレッシブ(順次走査方式)の映像に変換する「I/P変換回路」のほか,地上デジタル放送とBSデジタル放送,東経110度CS放送を視聴可能な「3波共用チューナー」を搭載した。価格は47型のELS-47S1が29万8000円,57型のELS-57S1が39万8000円である。1インチ当たりの価格を7000円未満と,薄型テレビの普及の目安である「1インチ1万円」を下回る水準に設定した(6月7日発表)。