PR

 NTTドコモは2005年6月14日,1.7GHz帯の周波数に対応した第3世代移動通信(3G)サービス「FOMA」用の基地局と携帯電話機を開発し,評価試験を開始したと発表した。同社は現在のFOMAで使っている2GHz帯に対応する基地局として,アンテナや変復調部,増幅部などで構成される「屋外増幅変復調装置」と,デジタル信号処理や保守監視などの機能で構成される「本体装置」を光ファイバーで接続するタイプを導入している。今回は1.7GHz帯に対応した屋外増幅変復調装置だけを新たに開発し,本体装置は従来のものを使用する。また1.7GHz帯に対応する携帯電話機は,現行のFOMA電話機に1.7GHz帯に対応する無線モジュールを組み込んで試作した。

 NTTドコモは,総務省が2005年内に予定している1.7GHz帯の周波数の割り当てを受けることを要望している。今回の対応機器の試作や評価試験を通じて,割り当ての必要性を強くアピールする狙いである(6月14日発表)。