PR

 ソフトバンクと,通信料金の一括請求サービスなどを手がける「インボイス」は2005年8月10日,ソフトバンクグループの日本テレコムが提供している固定電話サービス「おとくライン」などの営業活動を行う新会社「日本テレコムインボイス」(本社:東京都港区,社長:木村育生氏)を共同で設立することで合意したと発表した。新会社の資本金は100億円で,日本テレコムが14.9%を,インボイスが85.1%を出資する。新会社は10月1日から営業を開始する。またソフトバンクはインボイスに50億円を出資し,約5%の株式を取得する。

 インボイスは2004年11月に,日本テレコムのおとくラインなど,ソフトバンクグループの通信サービス全般の販売に協力することでソフトバンクと提携していた(8月10日発表)。