PR

 東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で開催中の「IPテレフォニー&ケータイソリューション2005」のNTTドコモ・ブースでは,QRコードを利用した情報漏えい対策のソリューションが展示されている。
 QRコードは携帯電話のカメラで読み取る2次元バーコードの一種である。専用のソフトで顧客の個人情報など機密の情報をQRコードにして印刷し,社外に持ち出す。会場では,実際に専用ソフトがインストールされたパソコンと携帯電話を使ったデモンストレーションを行っている。この専用ソフトで印刷されたQRコードは,専用のiアプリを使わないと読み取ることができない。また,専用ソフトではパスワードや印刷後何日まで読み取り可能かなどの設定もでき,万一QRコードが印刷された紙や携帯電話を落としたり盗まれたりしても内容が読まれないように工夫がされている。iアプリで読み込んだ個人情報のデータは,iアプリを終了すると携帯電話機から自動的に消去される。1日に多くの顧客を回る必要のある金融関係などに向いたシステムといえる。

 会場で展示されているものは,NTTドコモがオリエントコーポレーションのために開発したシステムを基にしたもので,NTTドコモ法人営業本部で同様のシステムの相談を受け付けるということだ。
(塗谷 隆弘=日経NETWORK)