PR

 テンアートニは2001年9月12日,イスラエルZendの日本における総代理店となる契約を結んだと発表した。Zendは,オープン・ソースのWWW-DB連携ツールPHPの開発において中心的役割を果たしている企業。PHP本体は無償で公開しているソフトウエアだが,Zendは,PHP上のアプリケーション実行を高速化するツールや,GUIによる開発環境を有償で販売しており,テンアートニは2001年12月にもこれらを日本語化し,発売する。また,PHPに関する技術サポートや,PHPを使用したシステム・インテグレーションも手がける。

 PHPは,WindowsのASP(Active Server Pages)や,JSP(JavaServer Pages)などのように,サーバー上でHTMLに埋め込んだスクリプトを実行する仕組み。OracleやPostgreSQLなど主要なRDBMSに接続するための機能を標準で備えている。「米国の調査会社NetCraftによれば,約300万サイトで実際に使用されており,そのうち約40万サイトがECサイトだ」(Zend President and CEO Doron Gerstel氏)という。日本ではボランティアの技術者によるPHP国際化プロジェクトなどが日本語版を開発。2000年4月に日本PHPユーザ会が設立された。また日本語対応機能は2001年6月にPHP本体に統合されている。

 テンアートニが日本語化する予定の有償ツールは3種。Zend Cacheは,PHPで開発したプログラムをコンパイルして自動的にキャッシュしておき,次回の実行時に再利用することで実行性能を向上させるツール。PHPの実行速度を200%~500%向上させることができるという。「すでに,日本でZend Cacheを購入した企業もある」(Gerstel氏)。Zend EncoderはPHPで開発したプログラムを中間コードにコンパイルし,他社に販売する際などにプログラムのコードを読まれないようにするためのツール。Zend IDE(Integrated Development Environment)はデバッガ,エディタなどで構成される統合開発環境である。PHPが稼働するサーバーで動作するモジュールとJavaベースのクライアント側モジュールで構成する。クライアントはWindowsおよびLinuxで動作する。

 テンアートニはこれまで,LinuxとJavaに特化してシステム・インテグレーションやソフトウエアの開発,販売などを手がけてきた。今後は,PHPの構築実績を多く持つインテグレータのテューンビズとも連携し,PHP関連を事業の柱の一つとして推進していく。また,「PHPを利用して開発したアプリケーションは,顧客の了解が得られればすべてオープン・ソース・ソフトウエアとして公開する」(代表取締役社長 角田好志氏)方針である。

 実は同社は既に,Javaで構築した外食産業向け発注システム「セルベッサ」をオープン・ソース・ソフトウエアとして公開している。公開するメリットの一つには,アプリケーションが広く使われ,フィードバックが得られることで改良が進む,ということが挙げられる。しかし,Javaの技術者の絶対数はまだ少なく,育成にも時間がかかる。そのため,現状ではそのメリットが得られにくい。その点PHPには,「(言語仕様が簡易なため)Javaに比べ習得がきわめて容易で,Javaより早く開発できる」(Gerstel氏)などの特徴がある。オープン・ソースとして公開して前述のようなメリットを得る目的には,開発者の増加が見込めるPHPが適していると判断したのである。なお,「Java事業は今後も拡大していく」(角田氏)方針だ。「Javaによるシステム構築案件は2001年中にも100案件に達する見込みであり,持ち込まれる案件も多く,今後とも旺盛な需要がある」(同氏)とみている。

高橋 信頼=日経オープンシステム)