PR
 トレンドマイクロは2001年9月13日,同社のウイルス対策ソフトの新版「ウイルスバスター2002」を11月2日に発売すると発表した。

 ウイルスバスター2002では,ブロードバンドによる常時接続というインターネット接続形態が普及しつつあることから,ネット・セキュリティ機能を強化。従来のパケット・フィルタリングに加えて,新たに,各種の不正なアタックをブロックするファイアウオール機能や,外部からの要求アクセスをすべて拒否することでネット上で自分のパソコンの存在を見えなくする「クローキング機能」を追加した。またパケット監視機能を改良し,ソフトを使用した際にネット接続の実効速度が低下する問題を改善したという。

 また新たに「緊急ロックボタン」をステータスモニターに配置した。緊急ロックボタンをクリックするだけで,接続を強制的に切断できる。ウイルスを発見した際や,不正侵入されるなど何か不審に感じた際に利用し,被害の拡大を防ぐ。このほかPDA用のウイルス対策プログラムも搭載した。パソコンからPDAにインストールして使用することで,PDAを狙ったウイルスにも対処できる。

 対応OSは,Windows95(OSR2以降)/98/98SE/Me/NT Workstation 4.0 SP6以上, Windows 2000 Professional,Windows XP Home Edition, Windows XP Professional。対応PDAは,Palm,Pocket PC,EPOC。価格は8500円。また2台のパソコンに同ソフトをインストールするユーザー向けの「ウイルスバスター2002 2ユーザパック」は1万2800円。

木村 亮=ニュース編集部)