マイクロソフトは2001年10月5日,PDA用OSの新版「Microsoft Pocket PC 2002 Software 日本語版」(以下,Pocket PC 2002)を正式に発表し,PDAメーカーへ向けて供給を開始した。Pocket PC 2002は,前バージョンに比べて,ユーザー・インタフェースの改良やWindows Media Playerバージョン8の搭載など,いくつかの点で機能強化が施されている。また,VPN(Virtual Private Network)クライアントの搭載やセキュリティ・レベルを設定できるパスワード機能の採用,ネットワーク上の共有フォルダへのアクセス機能など,企業ユーザー向けの機能が加わった点が特徴である。

 マイクロソフトとしては,コンシューマ・ユーザー向けの“派手な”新機能よりも,セキュリティなど企業ユーザー向けの機能を充実させることで,Pocket PC 2002の企業内への浸透を図りたい考えだ。

 実際,Pocket PC 2002記者発表会に出席したカシオ計算機,コンパックコンピュータ,東芝,NEC,日本ヒューレット・パッカード,富士通のPDA担当幹部はPDAのビジネス・ユースを強調する。

 コンパックコンピュータの岡隆史・アクセスビジネス統括本部企画本部長は,「企業ユーザーと個人ユーザー(の比率)は50%と50%でビジネスを考えたい。(最近は)モバイルを含めたシステム構築に手応えを感じている」とコメントする。NECソリューションズの富田克一・執行役員常務も「NECとしての特徴をPDAでどう出せるかを考えた場合,まずは軸足を(システム構築と連携できる)企業マーケットに置く」と発言。また,富士通の芋川敏・パーソナルビジネス本部長代理は「コンシューマを無視しているわけではないが,ソリューションと共に商品を発売したい」と語った。

 マイクロソフトのPocket PC 2002発表を受け,PDAメーカー各社はPocket PC 2002搭載製品を発表した。NECは,Pocket PC 2002を搭載する新PDA「PocketGear」を発表。11月末に出荷する予定である。カシオ計算機は新PDA「カシオペアE-200」にPocket PC 2002を搭載し,米国およびヨーロッパでは11月,日本では2002年初頭に発売する予定。

 また,コンパックコンピュータは同社のPDA「iPAQ Pocket PC」のOSをPocket PC 2002へアップグレードできるサービスを開始する。同サービスの価格は7600円。ただし,12月14日までに同PDAを購入したユーザーであれば,3800円の優待価格で同サービスが利用できる。

武部 健一=ニュース編集部)