PR

 日本オラクルの子会社,ミラクル・リナックスは2001年10月10日,Linuxディストリビューションの新製品「MIRACLE LINUX Standard Edition Version2.0」を発表した。10月24日に出荷を開始する。価格は6万円。90日間無償の無制限サポートが付属する。

 特徴は,日本オラクルが10月24日に出荷するRDBMS「Oracle9i Database Standard Edition for Linux」および「同Enterprise Edition for Linux」(以下,ともにOracle9i Database)の動作に各種設定を最適化した点。具体的には,(1)Oracle9i Databaseのインストーラ「Install Navigator for Oracle」を搭載した,(2)Oracle9i Databaseの動作に最適なパラメータでLinuxカーネルを構築した,(3)WWWサーバー「Apache」およびApacheと連携するスクリプト言語「PHP」とOracle9i Databaseの連携動作を検証した---などである。

 MIRACLE LINUX Standard Edition Version2.0は,代表的なLinuxディストリビューションである「Red Hat Linux 7.1」をベースに開発した。最大32CPUのSMP構成や最大64Gバイトのメイン・メモリー,ジャーナリング・ファイルシステム(EXT3とReiserFS)をサポートする。他にも,LinuxをWindowsのファイル・サーバーに見せかける「Samba2.2日本語版」やWWWブラウザ・ベースのサーバー管理ツール「Webmin」,RDBMS「PostgreSQL」,Javaサーブレット・エンジン「Tomcat」など,各種の主要なフリー・ソフトを同こんしている。

 ミラクル・リナックスの藤城薫・取締役製品本部長は,「簡単に開発を始めるプラットフォームとしてはPostgreSQLを,本格的なEビジネスのプラットフォームとしてはOracle9i Databaseを薦める」と,Oracle9i DatabaseとPostgreSQLについて説明した。

 なおミラクル・リナックスは,新製品にOracle9i Database Standard Edition for Linuxを同こんした「MIRACLE LINUX with Oracle9i」も10月24日から出荷する。価格は22万7000円。

武部 健一=ニュース編集部)