トレンドマイクロは2002年4月18日,企業向けクライアント用ウイルス対策ソフトの新版「ウイルスバスター コーポレートエディション 5」を6月17日に発売すると発表した。同ソフトは企業のクライアント用パソコンに導入する製品で,サーバーによるリアルタイムの管理・設定機能により,組織内のウイルス対策を一元管理することができる。

 新版では,メール・クライアント・ソフトの受信メールに対してウイルス検索を行うツール「POP3 Scanner」を同こんした。POP3 Scannerをパソコンに常駐させることで,POP3メールを経由したウイルスの進入を監視てきる。

 このほか,パターン・ファイルのアップデートなどに失敗した際に中断した部分からアップデートを再開する「アップデートレジューム機能」や,モバイル利用など社内ネットに接続していないパソコンがアップデートする際に直接トレンドマイクロのダウンロード・サイトからアップデートできる「「Remote Agentツール」を装備している。

 対応するサーバーOSはWindows NT 4.0/2000 Server,2000 Advanced Server。クライアント・パソコンの対応OSはWindows95/98/Me/NT 4.0/2000/XP。パッケージ価格は5ユーザーパックが3万8000円。

木村 亮=BizTech編集)