PR

 インサイトテクノロジーは2002年9月4日,Oracle用パフォーマンス管理ツールの新版「Performance Insight 5」を出荷開始した。

 新版では,主に運用管理面での機能を強化した。強化点は,(1)リアルタイムの情報収集と状況分析が可能な「Top Minder」機能の追加,(2)監視のためのいき値を自動設定する機能の追加,(3)WWWブラウザからのリモート監視機能の追加,など。

 Top MinderはGUIを使った監視画面により,リアルタイムのシステム稼働状況をグラフ表示し,日次/週次/月次の状況推移も表示できる。また,重要度が高いアラート情報をハイライトする,高負荷のSQL文を表示して編集する,といった機能も備えている。

 価格は,OracleのStandard Edition用が1サーバー80万円から,Enterprise Edition用が1サーバー120万円(2CPUまで)から。

(森側 真一=日経オープンシステム)