アクセス メディア インターナショナルインプレスは2002年9月26日,2002年8月時点のLinuxの業務利用に関する動向調査結果を発表した。これによると,サーバーを業務利用している事業所などのうち,OSとしてLinuxを1台でも導入している事業所の比率は64.3%で,2001年の同時期の35.5%を大幅に上回った。この導入率は,Linux,Windows2000 Server,WindowsNT Server,商用UNIXという4種類のサーバーOSの中では,WindowsNT Serverと並んで導入率は1位という。

 またLinuxサーバーの利用用途については,Webサーバー,メールサーバー,DNSサーバー,ファイル/プリンタ共有,インターネット接続ゲートウェイ/ファイアウォールなど,ネット関連用途だけでなく,データベース・サーバーやアプリケーション・サーバーとしても採用されつつあるとしている。

(木村 亮=BizTech編集)