PR
 米MicrosoftのBill Gates会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクトは1月6日,家電製品の展示会「2001 International CES」で基調講演を行い,同社が2001年秋に米国,日本で発売・出荷する予定のゲーム機「Xbox」の外観を初めて公表した(写真=約76KB)。ゲームを動かすデモも見せ,「Xboxは2001年秋の発売に向けてスケジュール通り開発が進んでいる」(同社プレスリリース)ことを強調した。

 Xboxの内部のパーツ構成などについては徐々に情報が公開されてきた。米IntelのPentium IIIベースのCPUを搭載,動作周波数は733MHzである。メモリーは米Micron Technologyが提供するDDR(Double Data Rate)SDRAMを64MB搭載。これは200MHzクロックで動作して,400メガビット/秒のデータ転送ができる。米NVIDIAのグラフィックス・チップ,米Seagate Technologyまたは米Western Digitalの8GBハードディスクの搭載も決まっている。DVD-ROMドライブ,Ethernetポートの標準搭載など,Windowsパソコンなみ,もしくはそれ以上の重装備だ。

 ソフトウエアの面では,Windows 2000ベースのオペレーティング・システムを搭載する。開発者には2000年7月からXbox Software Developer Kits(XDKs)を配布しており,Microsoftだけでなく「200社以上がXboxのゲームを開発している」(同)ということだ。

(日経ソフトウエア)

(IT Pro注:◎関連記事
2001年CES開幕,Gates氏が次世代ゲーム機「Xbox」を基調講演で披露