PR

 米Microsoftは2月21日,次期OffieスイートOffice XP用の開発キット「Smart Tag Software Development Kit(Smart Tag SDK) 」の無償配布を開始した。同社のWebサイトからダウンロードできる。ただし,Smart Tag SDKは,現版のOffice 2000では使えない。Offiece XPのベータ(英語版)が必要だ。

 Office XPは,同社が推進する.NET(ドットネット)構想に対応するオフィス製品(詳細はこちら)。Smart Tag SDKは,Office XPで提供されるSmart Tag機能を作成するためのツールやドキュメントで構成する。Smart Tagは,ユーザーのデータ入力作業などを支援する機能で,文書作成中にWeb上から必要な情報を参照/抽出する,といったことを容易に実現できる。Smart Tag SDKを使えば,Visual C++やVisual Basicなどを使って,Smart Tag機能をカスタマイズできるという。

 Office XPの日本語ベータは,2001年春以降の出荷になる見込みだが,「Smart Tag SDKの日本語版を用意するかどうかは未定」(マイクロソフト関係者)という。

(日経ソフトウエア)

(IT Pro注:◎関連記事
米マイクロソフトがOffice XP向け開発キット「Smart Tag SDK」を無償配布