PR

 ボーランドは3月15日,Linux向けビジュアル開発ツール「Kylix」日本語ベータ版のテスター1300人を一般公募すると発表した。まず同日から,同社サイトでベータ・テスター500人(先着順)を募集開始した。この500人に対しては,5月31日まで動作するKylix Server Developerのベータ版を無償で提供する。

 残る800人のテスターになるためには,同社が5月16日に東京で開催する予定の「Kylix Day」というイベントに参加する必要がある。参加費は5000円で,3月30日までに同社サイトから申し込むと,同じく期間限定ベータ版の送付サービスが受けられる。また,このイベントに参加すると「Kylixキャッシュバッククーポン」をもらえる。このクーポンを使って日本語版Kylixを購入すると,5000円が返金される。

 Kylix日本語ベータ版の送付は3月末になる予定。この調子でいくと,5月には日本語版の正式出荷があるかもしれない(関連記事はこちら)。

(日経ソフトウエア)