PR

 オブジェクト指向分析/設計における標準モデリング言語「UML(Unified Modeling Language)」や,分散オブジェクト技術「CORBA(Common Object Request Broker Architecture)」を学習するための教材が,6月1日開設のWebサイト上で無償公開される。提供するのは,オブジェクト技術標準化団体のオブジェクト・マネジメント・グループ・ジャパン(OMGジャパン),NEC,富士通ラーニングメディアなど7社からなるCUTEコンソーシアム。当初は,「OMG標準技術」「CORBA基礎」「UML基礎」の3コースを用意する。

 今回提供するコンテンツは,平成12年度に情報処理振興事業協会(IPA)の委託プロジェクトとして実施した「ソフトウェア技術者向けCORBA/UMLトレーニング環境開発」の成果物。内容は「第一線で活躍している技術者による厳密なクロス・チェックを経ている」(OMGジャパンの鎌田博樹代表取締役)だけに信頼が置けそうだ。コンテンツを無償公開し,普及させることで,「オブジェクト指向技術の人材育成を支援し,欧米との格差を縮めたい」(同)。OMGジャパンの上部組織にあたる米OMGは,2002年をメドにワールドワイドで「OMG技術資格認定試験」を開始することを計画しており,「そのときに日本だけ合格者が少ないということが無いようにしたい(笑)」(同)という。

 コンテンツは,各ページを図と解説文で構成するスライド形式になっている(画面[拡大表示])。各コースの分量は320ページ程度。学習を始めるにあたって,UMLやCORBAに対する知識は特に必要としない。「各コースのコンテンツは,通常のセミナー形式で実施するトレーニング・コースにして2~3日分にあたる。個人差はあるが,1週間程度で学習できる分量」(富士通ラーニングメディアの小迫宏行研修事業部コンテンツ開発部プロジェクト課長)。学習用コンテンツとは別に,約600語を収録した用語集を用意して,学習しやすくする。さらに,「メーリング・リスト,掲示板,メールによるQ&Aサービスなどを提供して,学習者の便宜を図ることも考えている」(鎌田代表取締役)。

 CUTEコンソーシアムの参加企業は,OMGジャパン,NEC,東芝,日本オラクル,日立インフォメーションアカデミー,日立製作所,富士通ラーニングメディアの7社。コンテンツのアップデートや拡充を担当する。今後,コンソーシアム参加企業を募るが,「高い技術力が必要なうえ,相応の負担をお願いすることになる」(鎌田代表取締役)ので,当面はこの7社で活動を進めることになりそうだ。

(日経ソフトウエア)