PR

 米Borlandは5月29日,Linux用ビジュアル開発ツール「Kylix Desktop Developer」を,8月23日までの期間限定で,199ドルで販売すると発表した。正規の価格は999ドルなので,その5分の1という大胆な値引きである。

 同社のSimon Thornhil副社長兼RADビジネス・ユニット・ゼネラルマネジャは,発表資料中で「Delphi 6/KylixでWindows/Linuxのクロスプラットフォーム開発ができるようになった,それをすべての開発者の手にもたらすために今回大胆な行動に出た(taking bold actions)」と述べている。「ボーランドはKylix Server Developerの売れ行きと人気にもとても喜んでいる」とも述べているので,売れないためのたたき売り,ということではなさそうだ。

 日本法人のボーランドは9月20日までのキャンペーン価格として,Kylix Desktop Developer(日本語版)に6万8000円の値段を付けている(正規の価格は12万円)。米本社の動きについては「キャンペーン価格は日本が先んじたもの。現段階で新たなキャンペーンを実施することは考えていない」(ボーランド)という。

(日経ソフトウエア)