PR
 米Sun Microsystemsは,J2EE(Java2 Platform,Enterprise Edition)IDE Toolkit Software 2.0を9月17日に発表した。このツールを利用すると,同社のJavaの統合開発環境であるForte for Java,Community Edition 2.0と,J2EE 1.3のSDKを統合できる。例えば,Forte for Javaの画面上から,J2EE対応のコンポーネントのテンプレートを作成することや,EJB(Enterprise JavaBeans),サーブレットのデバッグが可能になる。

 IDE Tool KitはWindows版と,Solaris/Linux版がある。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 なお,Sunは9月18日にForte for Java Release 3.0のEnterprise EditionとCommunity Editionを発表した。Community Editionは無償でダウンロードできる。Forte for Java 3.0は,J2EEのほかに,J2ME(Java2 Platform,Micro Edition)にも対応しており,携帯電話用のJavaアプリケーション開発などに利用できる。

(日経ソフトウエア)