PR
 マイクロソフトの開発ツール新版Visual Studio .NET(VS .NET)の出荷開始時期が見えてきた。これまでVS .NET日本語版は2002年前半に出荷開始予定と報じられてきたが,2002年3月中にも発売/出荷開始される模様である。

 VS .NET英語版に関しては,米Microsoftが2002年1月15日に,開発者支援サイトMSDN(Microsoft Developer Network)で会員向けに正式版のダウンロード・サービスを開始(日本の会員も日本のサイトでダウンロードが可能)。パッケージは米San Franciscoで開催される開発者向けイベント「VSLive! in San Francisco」期間中の2月13日に出荷開始される。同日は,Bill Gates会長が基調講演でVS .NETの出荷開始を発表するとみられる。

 これを受けて国内では,2月にVS .NET日本語版のMSDN会員向けダウンロード・サービスを開始し,3月前半に米国と同様のイベント(VSLive! Japanが有力)を開催。同月中に日本語版パッケージを出荷開始すると思われる。この件に関してマイクロソフトは「VS .NET日本語版の開発は順調に進んでいる」(田中達彦プロダクト・マネジャー)とだけ語っており,具体的な出荷開始予定時期についてはコメントしていない。しかし,同社は協力会社にVS .NETの3月発売を伝えているとされており,コンポーネント・ベンダーなどの一部は3月末にVS .NET対応新製品の発表を予定しているという。現行版であるVS 6.0日本語版が,米国での出荷開始から約1カ月後に出荷開始されたという経緯もある。

(日経ソフトウエア)