日本コンピュウェアは5月13日,統合デバッグ支援ツールの新版「DevPartner Studio 6.6 日本語版」を出荷開始した。価格は32万8000円。

 DevPartner Studioは,Visual Basic,Visual C++,Java,ASP(Active Server Pages)でアプリケーションを開発する際のテストとデバッグを支援するツール・スイート。メモリー・リークなどのエラーの検出,パフォーマンス分析,コード・カバレッジ分析などを行うツールで構成される。同こんするツールの内容は下表の通り。

 新版では,VBのソースコード分析ツールCodeReviewに,VB .NETへの移行を支援するためのコーディング・ルールを追加し,VB .NETで問題が生じるコードに対して警告を発するようにした。加えて,VBのモジュールの依存関係をチェックするクロス・リファレンス機能を搭載。Java用のツールは,JDK 1.3に対応したほか,サポートするアプリケーション・サーバーの種類も増加している。

 今回出荷したバージョンは基本的にマイクロソフトのVisual Studio 6.0をターゲットとしたもので,Visual Studio .NETには対応していない。.NETアプリケーションのパフォーマンス分析やカバレッジ分析をサポートする新版7.0については,米国で8月下旬に出荷予定の英語版を,国内で9月中旬をメドに出荷する。7.0日本語版の出荷は,2003年第1四半期を予定しているという。

(日経ソフトウエア)

対応言語 ツール 機能
Visual C++ BoundChecker Visual C++ Edition メモリー・リークなどのエラーを検出する
TrueTime Visual C++ Edition 最適化のためのパフォーマンス分析を行う
TrueCoverage Visual C++ Edition ソースコードがどの程度テストされているか(コード・カバレッジ)を調べる
Visual Basic CodeReview ソースコードを分析して問題点を報告する
SmartCheck ランタイム・エラーを分析
TrueTime Visual Basic Edition 最適化のためのパフォーマンス分析を行う
TrueCoverage Visual Basic Edition ソースコードがどの程度テストされているか(コード・カバレッジ)を調べる
FailSafe 実行時に発生したエラーについての情報を収集する
Java JCheck スレッドやイベントの情報をビジュアルに表示する
TrueTime Java Edition 最適化のためのパフォーマンス分析を行う
TrueCoverage Java Edition ソースコードがどの程度テストされているか(コード・カバレッジ)を調べる
MemoryProfiler Java仮想マシンのメモリーの使用状況を分析する
ASP TrueTime WebScript Edition 最適化のためのパフォーマンス分析を行う
TrueCoverage WebScript Edition ソースコードがどの程度テストされているか(コード・カバレッジ)を調べる