PR
 エージーテックは4月5日に,Windows向けシステム管理ツール「MonitorMagic」を出荷開始する。ネットワークに接続されたパソコン,プリンタ,ルーターなどのハードウエアと,Microsoft Exchange ServerやLotus Notesなどのサーバー・アプリケーションの両方を監視・管理できるのが特徴。価格は1サーバーで12万6000円から。

 MonitorMagicは,Windows NT 4.0/2000/XP/Server 2003に加えて,ネットワーク管理プロトコルSNMP(Simple Network Management Protocol)に対応したスイッチ,ルーター,プリンタなどの機器を監視・管理できる。システムの監視ポリシー(運用基準やルール)を設定することにより,トラブル発生時の対応,具体的には,管理者への通知・警告,サーバー障害の状況報告,アプリケーションの再スタートなどの処理を自動化できる。Exchange Server,SQL Server,Lotus Notes,Veritas Backup Execなどの主要なサーバー・アプリケーションについてはポリシー・テンプレートを用意しているので,監視ポリシーを設定する手間を省いて,すぐに監視を開始できる。また,監視情報をデータベースなどに蓄積して,パフォーマンスや可用性に関するレポートを作成するといった分析機能もある。

(日経ソフトウエア)