PR
 マイクロソフトは,プログラミングや映像作品制作などの分野で学生を対象としたコンテスト「Imagine Cup 2005」の受賞イベント「Imagine Cup World Festival」を,8月1日に開催する。会場は横浜市のパシフィコ横浜 国立大ホール。

 Imagine Cupは米Microsoftが主催する全世界の学生を対象としたコンテストで,“テクノロジの力であらゆる境界をなくす”をテーマに技術力、発想力を競う。部門は,(1)ソフトウエア・デザイン部門,(2)アルゴリズム部門,(3)ショート・フィルム部門,(4)レンダリング部門,(5)IT部門,(6)ビジュアル・ゲーミング部門,(7)テクノロジ・ビジネスプラン部門,(8)オフィス・デザイナ部門,(9)Web開発部門――の九つ。

 参加者は,全部門で150カ国以上から2万9000名。横浜には,各国の予選を勝ち抜いた50カ国から250名以上の参加者が集まり,7月27日から決勝を戦う。日本からはソフトウェア デザイン部門に,2005年3月に開催されたImagin Cup国内最終予選で優勝した大阪大学大学院チーム(写真)などが出場する。

 Imagine Cup World Festivalの開演は8月1日の午後1時。スペシャル・ゲストとして,芸術家の明和電機や数学博士で大道芸人のピーター・フランクル氏を予定している。参加費用は2000円だが,Webサイトで事前登録すると,無償で参加できる。

(日経ソフトウエア)