マイクロソフトは6月30日,Windows 98日本語版(7月25日に出荷開始予定)上での動作を保証した同社ソフトウエア製品のリストを公表した。

 動作確認したのは,Windows 95に対応した16ビット版最終製品と32ビット版最終製品。開発ツール関連では,Java開発ツールVisual J++ 1.1についてのみ不具合が発見された。Windows 98上で同ツールを使う場合は,Visual Studio 97 Service Pack 3をインストールし,プロジェクト設定で,Internet Explorer 4.0 の起動オプションに「-new」スイッチを追加する必要がある。

 動作保証する製品の詳細については,下記のWWWサイトを参照。

(1)開発ツール(Visual Studioなど)
(2)デスクトップ・アプリケーション(Office製品など)
(3)サーバー向けアプリケーション(BackOffice製品など)
(4)コンシューマ向け製品(ゲームなど)