エクセルソフトは10月上旬に,ファイル圧縮/解凍ソフトPKZIP for Windows 2.61(日本語版)を出荷する。前版のPKZIP 2.60は,英語版に日本語のマニュアルとオンライン・ヘルプを添付した形だったが,2.61版はプログラム,メッセージ,マニュアル,ヘルプを含めて日本語化した。このため,日本語のファイル名やフォルダ名も利用できるようになった。加えて,対応するファイル形式を増やすといった機能強化も施している。

 PKZIPは,米PKWAREが開発した代表的な圧縮/解凍ソフトの一つ。ZIP形式のファイルに圧縮したり(ZIP),ZIPファイルを解凍したり(UNZIP)する作業を支援する。2.61版では,日本語対応に加えて,(1)UUEncode(.UUE),XXEncode(.XXE),BinHex(.XXE),MIME(.HQX),Tar(.TAR),GZIP(.GZ/.TGZ)などのファイル形式を解凍/表示可能にした,(2)ZIPファイルの圧縮や展開を支援するPKZIPウィザード機能を追加,(3)ファイルを一括してZIPファイルに追加できるリスト・ファイルをサポート,などの強化を図った。

 動作環境は,Windows 95/98/NT 3.51/NT 4.0(32ビット版),Windows 3.1(16ビット版)。1パッケージに32ビット版と16ビット版の両方が含まれる。価格は前版と同様,9800円。サイトライセンス価格もある。例えば,2~9台なら1台あたり7000円となる(プログラム・ディスクとマニュアルが2セット分付属)。