ソフトハウスのパワーフューチャー(本社東京)は10月19日から,PowerBuilder 5.0/6.0対応の業務アプリケーション開発支援クラスライブラリPowerSourceKit ver2.0を大幅に低価格化して,通信販売を開始する。

 PowerSourceKit ver2.0は,和暦から西暦に変換する関数など24種類の関数や,ファンクション・キーの設定を支援する機能などで構成される。パッケージの形で,3月から8万円で販売している。今回,通信販売に限って価格を大幅に引き下げて1万円で販売する。ちなみにパッケージの価格も,今回から1万5000円に引き下げる。

 申し込みは,同社のWebサイトにある指定フォームに記入したうえで,その用紙をFAXで送ることで行う。