マイクロソフトは4月1日から,開発者向けにOSや開発ツール,技術情報などを1年間に渡って定期的に提供するサービス「Microsoft Developer Network(MSDN)」のライセンス製品を販売開始する。

 これまでは,企業における複数の開発者がMSDN CD-ROMを利用したい場合,開発者ごとにサービスを申し込む必要があった。しかし今後はライセンスを購入すればCD-ROMを共有して利用できるようになる。パッケージ製品を複数購入する場合よりも低コストになるほか,年間数十~200枚以上にも及ぶCD-ROMを管理する手間を省くことができるという。価格は以下の通り。

製品 価格
ライブラリ・サブスクリプション 1万4500円
同 継続 7200円
プロフェッショナル・サブスクリプション 6万600円
同 継続もしくはライブラリからのアップグレード 4万3200円
ユニバーサル・サブスクリプション 25万4900円
同 継続もしくはプロフェッショナルからのアップグレード 20万3800円
同 ライブラリからのアップグレード 23万4600円

 マイクロソフトは同時にMSDNのパッケージ製品をリニューアルし,4月16日に発売する。新パッケージには,これまでのMSDN Library CD-ROM英語版に代わって膨大な日本語ドキュメントを含む「MSDNライブラリ日本語版」CD-ROMが付属する。推定小売価格はライブラリ・サブスクリプションが2万6800円,プロフェッショナル・サブスクリプションが9万4800円,ユニバーサル・サブスクリプションが48万円。