マイクロソフトは4月30日に,同社の開発ツールVisual Studio 6.0用のトレーニングCD-ROMソフト4タイトルを出荷開始する。いずれも,同社が提唱する分散アプリケーション環境Windows DNAに対応しているのが特徴だ。 概要は以下の通り。

(1)Mastering Distributed Application Design and Development Using Visual Studio 6 日本語版
 Visual Studio 6.0を使った,3階層分散アプリケーション構築に必要な知識とサンプル・プログラムを収録。上流設計ツールVisual Modelerや,メッセージ・キューイング・ソフトMSMQ(Microsoft Message Queue Server)の情報もある

(2)Mastering Web Application Development Using Visual InterDev 6 日本語版
 Visual InterDev 6.0を使ったWebアプリケーション開発手法とサンプル・プログラムを収録

(3)Mastering Enterprise Development Using Visual Basic 6 日本語版
 Visual Basic 6.0による大規模システム用のデータベース・アプリケーションの開発テクニックを収録

(4)Mastering Microsoft Visual Studio 6 Development 日本語版
 Visual Basic 6.0によるデータベース開発や,Webアプリケーションの開発テクニックを収録

 価格は,いずれも通常パッケージが1万3800円,アカデミック・パッケージが7800円(マイクロソフトによる推定小売価格)。