インプライズが9月22日に発売・出荷する開発ツールの最新版「Borland Delphi 5」の価格詳細が明らかになった。オプション製品,バージョンアップなどを網羅すると21種類の価格がある(表=14KB)。

 Delphi 5 Enterpriseに含まれる新機能で,Professionalユーザー向けに単体販売されることになった「ADO Express」(BDEを介さずに直接ADOを使ったデータベース・アクセスをするためのコンポーネント),「TeamSource」(ソースコード管理ソフト)はそれぞれ2万8000円に設定された。EnterpriseとProfessionalの価格差は約30万円もあるので,「ADOアクセスはしたいがEnterpriseはちょっと」というプログラマは助かるだろう。

 バージョンアップ価格では,Delphi 4 ProfessionalからDelphi 5 Professionalへの価格が2万円というのが目を引く。新規に購入した場合の6万8000円と比べると30%で,他のバージョンアップと比べて際立って安い。一方,Delphi 5 LearningからDelphi 5 Professionalへ,Delphi 5 ProfessionalからDelphi 5 Enterpriseへというバージョンアップの価格は新規購入価格の差そのままで(割合でいうと71%,83%,店頭販売パッケージに値引きがあることを考えると割高に感じられる。