マイクロソフトのシン・クライアント環境が今夏にもお目見えする。同社は4月6日,Windows NTサーバーベースのシン・クライアント管理用サーバーのWindows NT Server,Terminal Server Edition Version4.0日本語版(Windows Terminal Server)を夏にも出荷すると発表。同時期にはNEC,富士通など11社がWindowsCE2.0を搭載するシン・クライアント機のMicrosoht Windows-based Terminal(WBT)を出荷することも明らかにした。Windows Terminal ServerとWBTの具体的価格は未定。

 WBTは,OSとしてWindowsCE2.0日本語版をROMで搭載。約4MバイトのRAMを内蔵するが,ハードディスク装置は持たない。このため,Windowsアプリケーションやかな漢字変換ソフトもWBT上ではなし,すべてWindows Terminal Server上で動かす。Windows Terminal Serverはユーザー・インタフェースをWBTに送り,WBTはキーボードやマウス入力の信号をWindows Terminal Serverに送る,という流れだ。サーバーとクライアント間のデータ交換に,米Microsoftが独自に開発したTCP/IP上で画像を転送する専用プロトコルRemote Desktop Protocolを使う。

 Windows Terminal Serverのクライアント環境として,WBTのほか,Windows95/NTや,Windowsを搭載するシン・クライアント端末のNetPCも対応している。Windows Terminal Serverは,Windows95/NT,NetPC上で稼働するWBTエミュレータをバンドルして出荷する。一方,シン・クライアント用ソフトウエア・ベンダーの米Citrixは,Macintosh,UNIX,Windows3.1,MS-DOSで動くWBTエミュレータpICAssoを出荷予定だ。出荷時期は未定。同社のWindowsと他のOS間で通信するためのICAプロトコルを使ってWindows Terminal Serverと接続する。

 WBTとWindows Terminal Serverは,オラクルが提唱するシン・クライアント環境のNC(Network Computer)に真っ向からぶつかることになる。マイクロソフトは,WBTのNCに対するアドバンテージとして,(1)Windows,Javaのアプリケーションがともに動作する,(2)今までのWindows資産を継承できる,などを挙げている。ただし,WBTには問題点もある。Javaアプリケーションをクライアントにダウンロードして使用するNCに比べ,サーバーの負荷が非常に大きくなることだ。

 マイクロソフトはWBTとは別のシン・クライアントとしてNetPCを提唱している。同社はNetPCは「PCのパワーを必要とする重いアプリケーション向け」,WBTは「パワーを必要としないホスト・エミュレーションなどの機能に限定した端末」と位置付けている。しかし,NetPCを現行のWindows95/NTクライアントとどう差別化するのかはっきりしていない,という問題点がある。