日揮情報システムは5月15日,XML(eXtensible Markup Language)データ変換ツールXML Junctionをフリーウエアとして出荷開始した。同社のWebサイトから8月末までの期間限定で無償ダウンロードできる。ただしファイル・サイズは33MBと大きい点に注意が必要だ。

 XML Junctionは,データベースや表計算ソフトのスプレッドシート,COBOLやISAM形式のデータなどをXML形式のデータに変換するツール。変換情報を設計/実行するConversion Designerと,複数の変換処理を制御するProject Designerの二つのモジュールで構成する。Visual Basic(VB)に似た関数を使って,複雑なデータ変換を行うこともできる。シフトJIS,日本語EUC,UTF-16などの文字コードにも対応する。データベースとはSQL ServerにはOLE DB接続,その他OracleやInformixなどにはODBC(Open Database Connectibity)経由で接続する。

 開発元は,同社のデータ・フォーマット変換ツールData Junctionと同じく米Data Junction。Windows 95/98/NT 4.0で動作する。